ホームへ 問い合わせ サイトポリシー 失敗談を募集しています リンク・相互リンク 管理人の紹介 サイトマップ
ちょいデブ親父の英文法 英文法をわかりやすく解説しています。学校・検定・英会話の英文法はここで解決!

分詞構文1

目次

1.分詞構文

1 分詞構文の働き

2 分詞構文の意味

2.分詞構文の応用

1 分詞構文からの書き換え

2 分詞構文への書き換え

3 主語の異なる文の分詞構文(独立分詞構文)

4 受け身の分詞構文


1.分詞構文

1 分詞構文の働き

まずは例文を見て下さい。

例文:

Having no money, I didn't buy the book.

(お金が無かったので、その本を買わなかった。)

この文には接続詞がないのに、「〜ので」と、接続詞があるような意味になっています。では、この文を接続詞を使って書き換えてみましょう。

Because I had no money, I didn't buy the book.

このようになります。

上の文のように、「接続詞+主語+動詞+〜 → 分詞+〜」の形になったものを分詞構文といいます。極端に表現すると、「接続詞と主語を省略して分詞で表した文」のことです。

↑このページの先頭へ

2 分詞構文の意味

分詞構文の意味は大きく分けると5つあります。

 理由時間時間(同時)条件譲歩
意味〜だから〜のとき〜ながら〜ならば〜としても
〜なので〜の後〜すると〜だけども
接続詞sincewhenwhileifthough
becauseafter

これらすべての意味を分詞構文は持っています。ということは、いままでこれらの接続詞を使ってきた文は、すべて分詞構文に書き換えられるということです。書き換えの解説は後々しますので、まずはこの表と下の例文をまるまる暗記して下さい。

例文:

[理由]

Having a cold, I saw a doctor yesterday.

(風邪をひいたので、私は昨日医者にみてもらいました。)

[時間]

Going to Tokyo, he watched a baseball game at the stadium.

(東京に行ったとき、彼は球場で野球を見ました。)

[同時]

Walking down the street, I found a 1000-yen bill.

(道を歩いていると、1000円札を見つけた。)

[条件]

Studying hard everyday, you'll pass the exam.

(毎日熱心に勉強すると、君は試験に合格するだろう。)

[譲歩]

Admitting that you completed it, I can't trust you.

(君がそれを完成したことは認めたとしても、僕は君を信用できない。)

例文さえ覚えてしまえば、あとはパターン化できます。しっかりと覚えて下さい。

↑このページの先頭へ

PR.管理人お勧め英語教材

2.分詞構文の応用

1 分詞構文からの書き換え

では、順を追いながら1.2の例文を書き換えてみます。

例文:

Having a cold, I saw a doctor yesterday.

a.日本語に訳して、どの接続詞が適当か選ぶ。

コンマの前後を訳してみて、接続詞を断定します。「風邪を引く」と「昨日医者にみてもらった」の2文をつなぐには、“〜ので” が適当です。だから because を使います。

Because having a cold, I saw a doctor yesterday.

b.主語を見つける。

コンマ以下の文と同じ主語にします。だから I を使います。

Because I having a cold, I saw a doctor yesterday.

c.時制を判断し、分詞をその時制に合わせる。

コンマ以下の文が過去形なので分詞を過去形にします。だから had を使います。

Because I had a cold, I saw a doctor yesterday. (完成)

a 〜 c さえできれば、他に変更する部分はありません。どうですか、最初は難しいと思います。何回も練習して、パターンを覚えて下さい。では、1.1にある残りの例文も書き換えておきます。

[時間]

When he went to Tokyo, he watched a baseball game at the stadium.

[同時]

While I was walking down the street, I found a 1000-yen bill.

※ while は同時を表すので進行形を使う場合もあります。

[条件]

If you study hard everyday, you'll pass the exam.

[譲歩]

Though I admit that you completed it, I can't trust you.

↑このページの先頭へ

2 分詞構文への書き換え

1とは逆の書き換えです。これもパターンさえ覚えれば、あとは単語を変えるだけで応用できます。

例文:

Because I overslept this morning, I was late for school.

(私は今朝寝坊したので学校に遅れました。)

この文を分詞構文にしてみます。

a.接続詞を省く

接続詞は Because です。これを省略します。

Because I overslept this morning, I was late for school.

b.主語を省く。ただし、異なる場合は残す。

コンマの前後で主語が同じならば省略します。しかし、異なれば残さなければいけません。この文は両方 I なので省略します。

Because I overslept this morning, I was late for school.

c.動詞を分詞にする。

過去形でも現在形でも -ing にします。

Because I Oversleeping this morning, I was late for school.

これで完成です。これもたくさん練習して、パターンを覚えて下さい。

↑このページの先頭へ

3 主語の異なる文の分詞構文(独立分詞構文)

先ほどの2でも少し触れましたが、コンマの前後で主語が違う場合は、主語を省略することはできません。このような分詞構文を、独立分詞構文と呼びます(※分詞構文2でも独立分詞構文を紹介しています)。

例文:

If it is fine tomorrow, I will go hiking.

(もし明日が晴れなら、私はハイキングに行きます。)

この文を分詞構文にしてみます。

a.接続詞を省く

これは主語が同じ文と変わりません。接続詞は If です。これを省略します。

If it is fine tomorrow, I will go hiking.

b.主語を省く。ただし、異なる場合は残す。

主語は it と I です。異なるので残します。

If it is fine tomorrow, I will go hiking.

c.動詞を分詞にする。

動詞は is なので、原形に ing をつけて being にします。

If It being fine tomorrow, I will go hiking.

これで完成です。英語が得意な人ほどこの形に違和感を持ちますが、使っていくうちにすぐに慣れます。

↑このページの先頭へ

4 受け身の分詞構文

これはすごく出題されます。しっかりと覚えて下さい。

例文:

Because my bag was stolen, I couldn't go there.

(カバンを盗まれたので私はそこに行けなかった。)

気の毒なこの文を分詞構文にしてみます。

a.接続詞を省く

これまでと同じ方法です。接続詞は Because です。これを省略します。

Because my bag was stolen, I couldn't go there.

b.主語を省く。ただし、異なる場合は残す。

これまでと同じルールです。この文は異なるので残します。

Because my bag was stolen, I couldn't go there.

c.動詞を分詞にする。

これまでと同じです。動詞は was なので being にします。

Because my bag being stolen, I couldn't go there.

d.受け身の being は省略する。

そうです、受け身の分詞構文にはこんなルールがあるのです。だからこそよく出題されます。

Because my bag being Stolen, I couldn't go there.

「My bag stolen, I couldn't go there.」これでやっと完成です。受け身の being は省略することを覚えて下さい。

スポンサードリンク

↑このページの先頭へ

メインメニュー
 
ホーム
英文法
例文
口語表現
資格
留学
勉強法
印刷ファイル
 
 
 
携帯電話専用サイトモバイルで英文法もご利用下さい。
携帯用QRコード

スポンサードリンク

ちょいデブ親父の英文法はリンクフリーです。自由にリンクして下さい。
相互リンク依頼は問い合わせからお願いします。
このサイトは Internet Explorer 5.5以上 画面サイズ:1024×768 文字サイズ:中 で最適化されております。
累計:  本日のお客様:  昨日のお客様:  開設日:2006 05/28
ホームへ 問い合わせ サイトポリシー 失敗談を募集しています リンク・相互リンク 管理人の紹介 サイトマップ
ちょいデブ親父の英文法 バナー Copyright (C) All Rights Reserved, ちょいデブ親父の英文法